スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺に穴が開きました ~通院編 

 先生「気胸かもしれませんね」
 私「多分そうだと思います」

 レントゲン室での撮影直後・・・ 
 技師「あなた、相当苦しいでしょう?」
 私「あ、ええ、まあ。5日前よりはましな気もしますが・・・」

 診察の結果、重症の部類だそうで; レントゲン写真を見てびっくりしました。
 「え!?右の肺・・・何処行った?」

 左胸には毛細血管がびっしり写っていますが、右は真っ黒。何もありません。 と思ったら、中央に写るコブシ大の白く写る塊が肺らしい・・・えらいちっちゃくなったもんです;

 
スポンサーサイト

肺に穴が開きました ~ 自覚編

 あけましておめでとうございます。

 練習不足過ぎた昨シーズンを振り返って、次はまともにレースできるようにしよう! と思い、11月からオフトレを開始しました。 ちなみに9月10月はほとんど乗ってません。

 内容は・・・
 週に一度の休日は最低3時間のLSD
 平日3度はパワークランクを使っての約30分のインターバル
   最大心拍90パーセント2分、休憩1分 × 5セット

 1ヶ月続けました。
 「確実にシーズン中より走れるな」

 と思った頃に来ましたよ。右自然気胸です。 

ここはアルミでいいんじゃない?

 ニセコヒルクライムが近づいてまいりました!というか来週・・・。今年はぜんぜん練習してないよ!今のところ室内トレもあわせて1000キロくらしか乗ってません。
 
 今年出場したレースはサロベツと十勝。成績は・・・「完走してる」とだけ言っておきましょう。

 今回も趣味の軽量バイクのお話です。
 去年までは「チタンにしようかなー」と思ってたボルトなんですが、アルミでいい気がしてきました。
 これです。
2011 07 31 003
 「機材としての自転車好き」なら何処のボルトかすぐに分かりますね。
 ステン(右)が3グラム強なのに対して、アルミ(左)は1グラム未満です。軽いね!
 見た目もおしゃれ。
2011 07 31 004
 締め付けトルクはステンほど掛けられませんが、よしんばゆるんでアウターギアに入らなくなってもヒルクライムならさほど影響ないでしょ?ってな感じ。
 リアディレイラーもアルミにしようかとも思ったけれど、もしもワイヤーが滑ったら考えると流石にこちらは怖い・・・チタンが無難かな?

そこそこ立派な数字です

 未だに風邪が完治したとは言い切れない状況ですが、スプロケは既に出来てます。

2011 05 21 001

 ロースペーサーなしの重量ですが、なかなか立派な数字だと思います。
 変速性能もまずまずと言ったところ。確実に5年前に無改造で動かしてみた時よりも遥かにいい動きを見せました。
 7800の12-25Tが196グラムくらいだったと思うので、76グラムの大幅ダイエットに成功したことになります。

 ああ・・・TNI9Sの12-23Tが欲しい・・・。そしたら12T、16Tもアルミにして、あと20グラムは軽くなるのに・・・。

 誰かもってないかなぁ・・・

頭痛が抜けません;

 三連休の二日目に風邪をひいてしまい、今でも頭が痛いです。 それでもスプロケの改造は進めていたわけですが。



2011 05 11 002
 これが連休の成果です。見事にばらばらになったTNI9Sスプロケット。

 ギアはそれぞれシマノ10Sの厚さまで削ってます。ロー4枚は剛性不足を懸念して2枚一組に、そしてスペーサーには2.35ミリ(シマノ10S規格)まで薄くけずったマヴィックM10スペーサーを使うことに。

 ちなみにトップ12T(一番右)は13Tと切り離してしまったため、使えなくなってしまいました; フリーのセレーションにかからないでやんの; 大失敗!

2011 05 11 003
 2枚一組のギアは外側を削ってやることでシマノにあわせています。


2011 05 11 004
 で、これにデュラエースの12T、16T、ロースペーサー、トップキャップ、ギア間座を足してやれば10Sとして使えるんでないかい?ってことです。
 トップキャップは社外品のアルミ製よりデュラのほうが軽かったりします。

 これでまともに動いてくんなきゃ・・・すごく、かなしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。